光華女子学園

今月のことば

平成13年のことば
無碍(むげ)の光明(こうみょう)は無明(むみょう)の闇(あん)を
破(は)する恵日(えにち)なり(親鸞聖人『教行信証』「総序」)

私たち一人ひとりにわけへだてなく与えられている“いのち”。その“いのち”を「みんなが生きている」ということが、平等ということです。「無碍の光明」とは、何ものにもさまたげられることのない、その“いのち”の象徴のことです。
しかし、私たちはややもすると、その事実に背を向け、暗い世界に閉じこもってしまいます。この光の差さない「無明の闇」からなんとか脱したいという願いが起きるとき、本来平等に生かされている明るい世界に目覚める道が開かれるのです。
光華女子学園の「光」という言葉には、そのような意味があるのです。

過去のことば

2017年

11月

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

11月

2010年

2009年

12月

2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年

ページトップへ