新着情報

新着情報

新着情報

涅槃会を行いました

2016年02月16日
  • P1014051_.jpg
  • P1014053_.jpg
  • P1014076_.jpg

2月15日、本学園 慈光館太子堂にて、釈尊(お釈迦様)入滅の日(=ご命日:2月15日)に、釈尊への報恩の意を表し、み教えを改めて聞思する機会として、涅槃会が行われました。
対象は在校生を代表して中学1年生と教職員でした。

司会より、本尊の脇に掲げられた大涅槃図を観ながら、お釈迦様が、出家をされ、お悟りを開かれたことや、沙羅双樹のもとで亡くなられた様子についての説明がありました。
音楽法要、勤行に引き続き、阿部 恵木学園宗教部長による法話が行われました。

法話では、はじめに「光華」の名前の由来をお話し、「阿弥陀の光を受け、華のような心根を持つには、常におもいやりの心を持つことが大切である。そのためには『こうか(向上心、潤いの心、感謝の心)の心』、特に『向上心』を持って目の前の物事や目標に向かって努力してほしい」とお話し、その一例として、参列者の先輩にあたる京都光華中学校3年の在校生が、真宗大谷派学校連合会の親鸞エッセイコンテストで最優秀賞を受賞した「親鸞さんに、いま、伝えたいこと」というエッセイを紹介しました。

最後に「涅槃会に参加することで、お釈迦様のみ教えを学び、自分自身を考える機会としてほしい」と結びました。

一覧ページへ戻る