今月のことば

今月のことば

今月のことば

平成16年12月のことば

法門無尽誓願学(ほうもんむじんせいがんがく) 「四弘誓願」

仏陀釈尊が開かれた「仏教」。それは一切の苦悩から、我々を解脱(げだつ)に至らしめるための教えであります。自己の去来を明らかにし、自我意識の滅却を果たし、安らかにこの世の終焉(しゅうえん)を迎える心の準備が、仏道であると言えます。それはまた明治の仏教者 清沢満之師(きよざわまんし)が、「生のみが我等にあらず。死もまた我等なり。我等は生死を並有するものなり」と説かれた世界を体感することでもあります。
仏陀の教説には、それを聞く人々の機根に応じて、解脱に至る実に多用な道程が示されています。八万四千に及ぶと言われるその修道過程の中から、自らに相応しい仏道を選び取り、それに専念することで、解脱は果たされるのです。
仏道を歩まんとする者には、様々な法門を学び尽くして、自らが信順できる方途を選び取ってひたすらに生きよとの、仏の誓願が掛けられているのです。(太)

過去の今月のことば