今月のことば

今月のことば

今月のことば

平成20年8月のことば

和 (やわ) らかなる人生は笑顔から

私たちがこの世の中を生きていく上で「笑顔」がない人生なんて考えただけでも楽しくありません。皆さん、家族や友人の「笑顔」を見ているだけで自分が幸せになり、心豊かになった気持ちになりませんか。自分自身が、本当に「嬉しい、楽しい」と感じたときの感情が表情として自然に「笑顔=笑い」となって出てくるものです。真の「笑顔」は無理やりにはできません。
親鸞聖人が最も大切にされた「仏説無量寿経」の中に、法蔵菩薩が積まれた菩薩行の一つとして「和顔愛語」を説いています。相手の身になって自分ができる心がけ(態度、言葉など)を四文字であらわしたものですが、和らいだ笑顔と、慈愛の言葉で人に接することをいい、これを行うことで人と人、心と心の深いつながりをつくることができる、と説きます。さらに言えば、「人間が生きていくための基本」であり、その実現が争いのない、平和な世界の実現ということができるのではないでしょうか。
 まさに、「笑顔」の働きは、このことを示しているといえるでしょう。
 
参考までに、「笑顔=笑い」にはこんな効用もあると言われています。「笑う」という行為によって、脳が刺激され、それが神経へと伝わり、がん細胞や、細菌に感染した細胞を死滅させる力になるとのことです。つまり、笑う行為によって身体が活性化され、免疫力がアップするということのようです。さらに、笑うことによって自律神経を整えたり、肺の強化に繋がるとも言われています。
 「笑顔=笑い」は、人生にとっていいことばかりのようです。「笑顔」の生活を!!(宗)

過去の今月のことば