光華女子学園

2019年度「太子忌」が行われました

2020.02.23

 

 

こんにちは。
2月21日(金)、浄土真宗大谷派宗門関係校である光華女子学園では

「学園 太子忌(たいしき)」が行われました。

毎年、2月22日にお亡くなりになった聖徳太子のご命日にご遺徳を偲び、
太子が日本にお広めになった仏教の教えを聞思しております。

 

式には各校園の学生・生徒・児童・園児と教職員が参加し、
法要および幼稚園から大学までの各代表焼香が行われた後、
本学園真宗文化研究所長の小澤千晶氏の法話を聴講しました。

 

 

講師は、聖徳太子の制定した「憲法17条」の第10条にあることを主題にお話しされました。

 

「人は皆凡夫であるということ。(第10条)」

 

「自分の思うことを他人に押し付けてしまってはいないだろうか。
自分の基準で他人を量り、他人を傷つけてはいないだろうか。
様々な人と生きていくためには、誰のことも受け入れられるよう分別を手放していこう。
他人と折り合えないときは、自分のことを振り返ることを意識しよう。」と、

凡夫の自覚に立って、自己の基準やこだわりを手放す考え方について説明されました。

 

 

また「凡夫であることの自覚を持つことは大事なことですよ。
大事なのは、

切り替えができないときに、なぜできないかを自分に問いかけること」と結ばれました。

 

自分の中のものさしとは何か。
自分の基準が絶対の価値と思い、自分をも許せなくなってはいないだろうか。
他人とうまくいかないときは、自分の中のものさしを解放しようと思いました。

(企画財務部職員A)

 

 


(中高本館北側の梅)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

ページトップへ