光華女子学園

2019年度「成道会」を開催しました

2019.12.10

12月6日(金)、釈尊(お釈迦様)が悟りを開かれた日をご縁に、釈尊のみ教えを改めて聞思する機会として、成道会(じょうどうえ)を行いました。

今回の成道会には、光華小学校2年生と教職員が参列し、真宗宗歌や恩徳讃などの仏教讃歌の斉唱・勤行・焼香などを行いました。

 

 

法話では、本学学園宗教部員松蔭裕氏が釈尊のお悟りまでの道のりに触れ、皆が幸せになる方法の一つを説きました。

釈尊は「自分の思ったとおりにならないこと」、「自分中心の考え方を持たないこと」が大切だと気付き、自分の悩みや考える苦しみから解放され、周りに生かされていることを悟られました。教職員もはっとさせられる法話でした。

 

 

例えば、ヘリコプターに乗って上空から京都を見たとき、飛行機に乗ってもう少し上から京都を見たとき、

ロケットに乗って宇宙から京都を見たときに、京都の見え方は変わります。

また、山を登るときでも、すそ野から見える景色と、中腹にて見える景色と、

頂上から360度周囲が見える景色は、同じ山から見る景色でも三様に全く違います。

 

 

このように、いろいろな経験を通し小さいことをこつこつと積み上げる努力をすることで、いろいろな見方や考え方をすることができるようになります。

 

自分を高め(「こ」向上心)、

他者に心を配り(「う」潤いの心)、

ありがとうの思いを致す(「か」感謝の心)

「光華(こ う か)の心」をいつも大切にしていきたいですね。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

ページトップへ