光華女子学園

2021年度「涅槃会」を行いました

2022.02.15

2月15日(火)、本学園慈光館太子堂にて、釈尊(お釈迦様)入滅の日(=ご命日:2月15日)に、釈尊への報恩の意を表し、み教えを改めて聞思する機会として、涅槃会が行われました。
参加者は、在校生を代表して中学1年生と教職員でした。



司会より、本尊の脇に映し出された大涅槃図を観ながら、お釈迦様が出家をされ、お悟りを開かれたことや、沙羅双樹のもとで亡くなられた様子についての説明がありました。
音楽法要、勤行に引き続き、阿部恵木理事長(学園宗教部長)による法話が行われました。

阿弥陀仏の本願についてご説明された後、おとぎ話「かさじぞう」の話を例に挙げ、人間は自分の欲望を優先させると周りが見えなくなる、これに気づき、周りを見ることができた時に、おもいやりの心を持つことができるとお話されました。
最後は、参加していた中学1年生に向けて、宗教行事等に参加し、お釈迦様の教えを学び、触れたりすることで、仏さまの願いである光華の心(向上心、潤いの心、感謝の心)を持とうと心がけるようになってほしい、と結びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

ページトップへ